-花粉症について

2009年8月アーカイブ


驚くべき空気清浄力!携帯用空気清浄機 エアサプライ【花粉症対策】ワールドビジネスサテライト...

 

花粉症は植物の花粉で起きます。では、体内に入った花粉がどのような働きでくしゃみ、鼻水のような症状を引き起こすのか、アレルギー反応が出るメカニズムについて述べてみましょう。

花粉が体に入ると、免疫機構が働いてアレルギーの元となるアレルゲンを追い出す為に生体反応が起こります。ここで関連深いものが、リンパ球のB細胞というものです。B細胞が花粉に反応して抗体が作られ、アレルゲンに反応します。その反応が起こるのが肥満細胞(マスト細胞)であり、反応で刺激された肥満細胞は化学伝達物質を出して鼻や目などに作用し、くしゃみ・鼻水や涙といった生体反応を起こします。

花粉症の原因であるIgE抗体ですが、この抗体は誰でも持っていて、花粉症の場合だとそうではない方の数十倍から数百倍も数値が違うとされます。花粉症かどうか分からない方は、IgE抗体を病院などで調べてもらうと確認できます。

なお、花粉症は後天的に罹るとされ、一度花粉に触れて体内で抗体が作られて、その後で再び花粉に触れるとアレルギー反応がおこりますから、生まれながらの花粉症というものはないとされます。ですが、花粉症の患者は低年齢化しているようです。赤ちゃんでも花粉症になるので、掃除など対策の重要性は高いでしょう。

花粉症と環境

| コメント(0) | トラックバック(0)

【送料無料】アレルバスター花粉ダニの糞アレル物質の活動を抑制【日本アトピー協会推薦品】【...

 

花粉症は環境によっても発症するかどうかが左右されるといわれています。
日本で花粉症が急増した時代は高度成長期に当たります。この頃は自動車が一般的な乗り物になって、排気ガスによる大気汚染が深刻化していました。自動車の排気ガスには体に害の及ぼす成分が含まれ、花粉症のアレルギー反応を強める作用を持つとされる窒素酸化物やオゾンが含まれる為に患者数が激増したとの調査結果があります。そうでなくとも、自動車の排気ガスは喉や鼻、目などを刺激してしまいます。

花粉症でそれら器官の状態が悪いのであれば、症状も増々酷くなるのではないでしょうか。ディーゼル車は特に有害物質を排気ガスに含む割合が高く、花粉症対策のみならず環境対策としてもディーゼル車に排気ガスをきれいにするフィルターを取り付けたり、電気自動車への切り替えが有効とされます。

また、自動車が増えたことで道路はどんどん舗装され、花粉が土によって分解されること無くアスファルトの上に溜まってしまう事にもなりました。風や人・車の往来によって花粉が頻繁に舞い上がり、花粉症の症状がいつまでたっても治まらない環境になったとも指摘されています。
花粉症を緩和したいなら、日々の生活をどのような環境で送るのかにも配慮しておきたいものです。

 

 男の料理 レシピ  電子カルテ  痛風について

花粉症対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

【送料無料】アレルギー性鼻炎、花粉症の漢方薬ホノビエン錠 300錠(33日分)【第2類医薬品】

 

花粉症の予防やなった時に行いたい事などを紹介してみましょう。
対策を講ずれば、くしゃみ・鼻水といった不快な症状が抑えられます。花粉症対策で最も重要とされるのが花粉に触れないことです。外出の際の服装や、室内に入るときに花粉も持ち込まないようにしたり、こまめな掃除で花粉が溜まらないようにしましょう。

最近は花粉が付き難い素材の服や帽子、ゴーグルのように目をすっぽり覆う物などが売られているので、花粉症対策としてそれらを身に付けてみるのも良い方法です。

それから、掃除も大切になります。花粉症が酷くならないように外出を避けていても、花粉は窓やドアの隙間から入り込み、部屋の中に進入してきますから、丁寧に掃除をして花粉を追い払います。その際、花粉を巻き上げる掃除機よりも、雑巾やモップを使っての拭き掃除が効果的とされます。

それから、花粉症には食事面でも対策をしておきましょう。日本で花粉症が増えた原因のひとつには食の欧米化があるとされ、タンパク質や脂質の摂り過ぎに注意して、野菜などビタミン豊富な食事を心掛けるようにします。

花粉症のようなアレルギー反応はストレスによって増強されてしまうようで、花粉症の症状低減にはストレス対策も必要です。
他にも、花粉飛散情報は必ずチェックするようにし、花粉症対策を常に忘れないようにしましょう。

 

 加齢臭  フィジー  ネットビジネス  腎臓病

花粉症の治療法

| コメント(0) | トラックバック(0)

花粉症対策 保護 めがね[花粉メガネ] アシストグラス YK-6 ライトグリーン 粉じん防止 曇り止め...

 

花粉症治療を行う方はたくさんいます。治療法にはどのような種類があって、手順はどう進んでいくのか調べてみましょう。

花粉症治療で一般的なのが、薬物治療です。これは治療法というよりも、対処法と言うのが適切な表現で、坑アレルギー薬や坑ヒスタミン薬、あるいはステロイド(副腎皮質ホルモン薬)を使って花粉症の症状が出るのを防ぎます。薬物療法は対症療法であり、既に出てしまった症状を鎮めるのに効果的です。

それから、外科手術も盛んに行われています。花粉症の症状でも鼻詰まりが酷い時には鼻の骨を削る事や、腫れやすい粘膜をレーザーで切るといった外科手術を医師から勧められる患者もいます。手術は数時間で終わるものから、数日間の入院を要するものまで、個人の症状によって治療期間は違います。鼻の通りが良くなり、花粉症を軽減するには役立ちますが、花粉症を起こす体質までは変わりませんから、効果を上げるには他の治療法と平行して受けておくと良いようです。

それから、花粉症治療で話題になっているのが減感作療法です。減感作療法はアレルゲンを注射することで、まるでワクチンを打つように花粉症を押さえ込み、根本から治そうとする治療法です。シーズンの半年前から始めて、治療期間は数ヶ月~数年かかるとされますが、花粉症完治に近い状態に出来るとして行う方が多く、効果も高いとされます。花粉症治療としては、以上が最もよく行われる方法でしょう。

 

 生活の知恵  病気ウィルス対策  ビジネスマナー
カテゴリー
更新履歴
花粉症のメカニズム(2009年8月 2日)
花粉症と環境(2009年8月 2日)
花粉症対策(2009年8月 2日)
花粉症の治療法(2009年8月 2日)
カテゴリー
更新履歴
花粉症のメカニズム(2009年8月 2日)
花粉症と環境(2009年8月 2日)
花粉症対策(2009年8月 2日)
花粉症の治療法(2009年8月 2日)