Top > 花粉症と環境

花粉症と環境


【送料無料】アレルバスター花粉ダニの糞アレル物質の活動を抑制【日本アトピー協会推薦品】【...

 

花粉症は環境によっても発症するかどうかが左右されるといわれています。
日本で花粉症が急増した時代は高度成長期に当たります。この頃は自動車が一般的な乗り物になって、排気ガスによる大気汚染が深刻化していました。自動車の排気ガスには体に害の及ぼす成分が含まれ、花粉症のアレルギー反応を強める作用を持つとされる窒素酸化物やオゾンが含まれる為に患者数が激増したとの調査結果があります。そうでなくとも、自動車の排気ガスは喉や鼻、目などを刺激してしまいます。

花粉症でそれら器官の状態が悪いのであれば、症状も増々酷くなるのではないでしょうか。ディーゼル車は特に有害物質を排気ガスに含む割合が高く、花粉症対策のみならず環境対策としてもディーゼル車に排気ガスをきれいにするフィルターを取り付けたり、電気自動車への切り替えが有効とされます。

また、自動車が増えたことで道路はどんどん舗装され、花粉が土によって分解されること無くアスファルトの上に溜まってしまう事にもなりました。風や人・車の往来によって花粉が頻繁に舞い上がり、花粉症の症状がいつまでたっても治まらない環境になったとも指摘されています。
花粉症を緩和したいなら、日々の生活をどのような環境で送るのかにも配慮しておきたいものです。

 

 男の料理 レシピ  電子カルテ  痛風について
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
花粉症のメカニズム(2009年8月 2日)
花粉症と環境(2009年8月 2日)
花粉症対策(2009年8月 2日)
花粉症の治療法(2009年8月 2日)