Top > 花粉症の治療法

花粉症の治療法


花粉症対策 保護 めがね[花粉メガネ] アシストグラス YK-6 ライトグリーン 粉じん防止 曇り止め...

 

花粉症治療を行う方はたくさんいます。治療法にはどのような種類があって、手順はどう進んでいくのか調べてみましょう。

花粉症治療で一般的なのが、薬物治療です。これは治療法というよりも、対処法と言うのが適切な表現で、坑アレルギー薬や坑ヒスタミン薬、あるいはステロイド(副腎皮質ホルモン薬)を使って花粉症の症状が出るのを防ぎます。薬物療法は対症療法であり、既に出てしまった症状を鎮めるのに効果的です。

それから、外科手術も盛んに行われています。花粉症の症状でも鼻詰まりが酷い時には鼻の骨を削る事や、腫れやすい粘膜をレーザーで切るといった外科手術を医師から勧められる患者もいます。手術は数時間で終わるものから、数日間の入院を要するものまで、個人の症状によって治療期間は違います。鼻の通りが良くなり、花粉症を軽減するには役立ちますが、花粉症を起こす体質までは変わりませんから、効果を上げるには他の治療法と平行して受けておくと良いようです。

それから、花粉症治療で話題になっているのが減感作療法です。減感作療法はアレルゲンを注射することで、まるでワクチンを打つように花粉症を押さえ込み、根本から治そうとする治療法です。シーズンの半年前から始めて、治療期間は数ヶ月~数年かかるとされますが、花粉症完治に近い状態に出来るとして行う方が多く、効果も高いとされます。花粉症治療としては、以上が最もよく行われる方法でしょう。

 

 生活の知恵  病気ウィルス対策  ビジネスマナー
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
花粉症のメカニズム(2009年8月 2日)
花粉症と環境(2009年8月 2日)
花粉症対策(2009年8月 2日)
花粉症の治療法(2009年8月 2日)